ホーム原寛流「現代養生学」>100歳現役貫徹の秘訣

貝原益軒「養生訓」と現代医学を融合「元気に100歳」を社会運動に(養生のヒント)

 I・B企業特報 2019.12.16 No.11 掲載


 原土井病院理事長・「元気100倶楽部」会長 原 寛 氏


■あなたの病気はいつ、誰がつくったか?

病気というものは次の4つの原因で起こる

 ●遺伝、体質

 ●良くない環境

 ●自分でつくる病気(生活習慣病)

 ●経済的困難からくる病気

 

今の成人の病気は次の3つにより起こると考えられる

 ●食事の摂り過ぎ

 ●運動不足

 ●睡眠の質

 

私が毎日心がけていること

 ●目標を立てて歩く(7000~8000歩程度)

 ●階段を利用する

 ●長時間座っていないで時々立ち上がる

 ●睡眠時間は5~6時間程度(日中体を動かせば熟睡)

 

私が食べているものと順番

 ●サラダなど生野菜を最初に食べて、ある程度お腹を満たす

 ●おかずは肉か魚かにこだわらず、タンパク質を多く摂る。納豆、卵は安く栄養豊富なので欠かさない

 ●ご飯は白米を避け、食事の最後に麦や五穀米などを少量食べる

 

 


<プロフィール>

原 寛(はら・ひろし)
 1932年福岡市生まれ。1963年九州大学医学部卒業後、勤務医を経て1968年、35歳で市内東区に「原土井病院」を開設、理事長に就任する。1975年原看護専門学校を設立。高齢者医療一筋に東区の拠点病院として発展させる。現在556床。2005年(福)「多々良福祉会」理事長。2006年、74歳で病院長職を退き現場と一線を画す。一方、故・日野原重明(聖路加国際病院名誉院長、105歳で死去)が2000年に立ち上げた「新老人の会」に共鳴。翌年、全国第1号となる九州支部を設立し、以来九州のリーダー役として活躍。毎年1回日野原先生を招いて福岡市でフォーラムを開催。2017年の日野原氏死去後は、遺志を継いで2018年に市民団体「元気100倶楽部」を立ち上げ、講演・出版など健康長寿運動に奔走中。主な著書に「博多に生きた藩医」「原三信と日本最古の翻訳解剖書」「新老人のすすめ」「人生100年時代の養生学」「現代養生学」「新・養生訓」「チャレンジ! 私の人生百年計画」など多数。88歳。


(3)⇦       ⇨(3)